小児科・アレルギー科 おおのこどもクリニック 愛知県安城市百石町2-26-1

小児科・アレルギー科 安城市百石町2-26-1 院長 大野 敏行( 日本小児科学会 認定専門医 )

クリニック紹介

院長あいさつ

「おおのこどもクリニック」院長の大野敏行と申します。
長年この街で皆様の健康を見守りつづけてこられた、
前・松本こどもクリニック・松本院長よりバトンを受け継ぎ、
このたび新しく「おおのこどもクリニック」を開設することとなりました。
ご来院される方お一人おひとりに、思いやりのある診療でお応えし、
全力を尽くしてまいります。

日本小児科学会認定専門医
院長 大野敏行

プロフィール

日本医科大学卒業後、名古屋第二赤十字病院小児科、小牧市民病院小児科、
名古屋市立大学医学部小児科、星ヶ丘マタニティ病院小児科を経て、

1997年
小牧市民病院小児科医長
2001年
小牧市民病院第2小児科部長
2003年
小牧市民病院救命救急センター
部長兼任
2005年
小牧市民病院小児科部長
2010年
名古屋市立大学医学部
臨床教授兼任
2014年
小牧市民病院医局長兼任
2015年
おおのこどもクリニック開院

所属学会

日本小児科学会、日本血液学会、日本小児血液・がん学会、
日本周産期・新生児医学会、日本夜尿症学会

診療ポリシー

  • 「地域のかかりつけ医」として

    「おおのこどもクリニック」の開院前は八事・名古屋第二赤十字病院、名古屋市立大学病院、小牧市民病院と地域の診療所の連携先である総合病院で長年数々の症例を経験してまいりました。これからは逆の立場になりますので、今までの経験を存分に活かし「地域のかかりつけ医」として尽力してまいります。 

  • ちょっとした変化でも、
    お気軽にお問い合わせください

    お母さんだから気づく「ちょっとした変化」ってありますよね。ささいな事と躊躇せず気がかりなことがあれば、お気軽にお問い合わせください。お子様の苦痛と親御さんの心配をできる限り迅速に取り除き、安心して子育てができる街づくりに貢献してまいります。

  • 説明が十分できない
    小さな子どもだからこそ

    症状の説明が十分できない小さな子どもだからこそ、じっくりと向き合い丁寧な診療を行います。子どもの特性を考えた診療、投薬を心がけています。乳幼児健診は「かかりつけ医」としての最初の関わりです。安心してお任せください。

施設紹介

  • キッズルーム

    小さなお子さまのために、待合室から見渡せるキッズルームをご用意しています。

  • 授乳室

    静かな個室で授乳できるよう、専用シートを用意しています。

  • 点滴室・処置室・
    吸入スペース

    患者さまの状況に応じて、ワンストップでの治療が行えるよう、点滴室をご用意しております。

  • 隔離室・特別診察室

    感染の可能性がある方のための隔離室と特別診察室があり、院内感染予防に配慮しています。

地域連携

必要な状況に合わせて他の医療機関と連携しながら最適な診療にあたります。

  • 安城更生病院 | 
  • 刈谷豊田総合病院 | 
  • 八千代病院
  • あいち小児保健医療総合センター | 
  • 名古屋市立大学病院